3.建設業許可申請書を作成する。

3.建設業許可申請書を作成する。

まずは一枚目、建設業許可申請書から作成していきます。

「建設業許可申請書」と記載されている書類を見て下さい。

それでは作成していきましょう^^

①ボールペンを用意する。

消えるボールペンなどは使用禁止です。当然鉛筆やシャーペンなどもダメ。しっかりとしたボールペンなどをご用意ください。

②神奈川県知事に申請する場合

左上部に申請先が書いてあります。

地方整備局長
北海道開発局長
神奈川県知事 殿

となっています。

神奈川県知事への申請の場合、神奈川県知事以外を一本線で消します。

地方整備局長
北海道開発局長
神奈川県知事 殿

こんな感じです。

③申請者欄を記入する。

・主たる事務所の所在地が、登記上と事実上で異なる場合は、二段書きにします。

(主たる営業所)○○市 ※事実上の所在地
(登記上の本店)△△市 ※登記上の所在地

・申請者は、法人の場合は代表者。個人の場合は本人です。

・押印は実印です。

④太枠線内は記入しません。

行政庁側記入欄と書いてますね。

⑤許可を受けようとする建設業

ここには数字を記入していきます。

記入する数字は、

1…一般建設業
2…特定建設業

⑥申請時において既に許可を受けている建設業

新規の場合は記入しません。

⑦商号又は名称のフリガナ

・濁音、半濁音(ぱ行など)も1マスにおさめます。

・(株)などの会社略号のフリガナはいりません。

⑧商号又は名称

・法人の場合は、登記している商号どおりに記入する。個人の場合は、屋号または個人の氏名を記入する。

・法人の場合

○○建設(株)

のように書いていきます。

全て人マスずつで、

[○][○][建][設][(][株][)]

みたいな感じです。

※法人の種類の略号について

株式会社…(株)
特例有限会社…(有)
合資会社…(資)
合名会社…(名)
合同会社…(合)
協同組合…(同)
協業組合…(業)
企業組合…(企)

・個人の場合

氏名は、姓と名を1マスあけます。

横浜太郎の場合

[横][浜][ ][太][郎]

みたいな感じです。

⑨代表者又は個人の氏名のフリガナ

・濁音、半濁音「ぱ行など」も1マスにおさめます。

・氏名は、姓と名を1マスあけます。

ヨコハマタロウの場合

[ヨ][コ][ハ][マ][ ][タ][ロ][ウ]

みたいな感じです。

⑩代表者又は個人の氏名

氏名は、姓と名を1マスあけます。

横浜太郎の場合

[横][浜][ ][太][郎]

みたいな感じです。

※右側の支配人の氏名欄は、個人事業で支配人登記をしている場合のみ記入します。

⑪主たる営業所の所在地市区町村コード

市区町村コードは決まりがあります。

下の市区町村コードを参照して、記入してください。

・横浜市

14101…鶴見区
14102…神奈川区
14103…西区
14104…中区
14105…南区
14106…保土ヶ谷区
14107…磯子区
14108…金沢区
14109…港北区
14110…戸塚区
14111…港南区
14112…旭区
14113…緑区
14114…瀬谷区
14115…栄区
14116…泉区
14117…青葉区
14118…都筑区

・川崎市

14131…川崎区
14132…幸区
14133…中原区
14134…高津区
14135…多摩区
14136…宮前区
14137…麻生区

・相模原市

14151…緑区
14152…中央区
14153…南区

・その他市町村

14201…横須賀市
14203…平塚市
14204…鎌倉市
14205…藤沢市
14206…小田原市
14207…茅ヶ崎市
14208…逗子市
14210…三浦市
14211…秦野市
14212…厚木市
14213…大和市
14214…伊勢原市
14215…海老名市
14216…座間市
14217…南足柄市
14218…綾瀬市

また、隣に都道府県と市区町村を書く欄がありますので、記入していきます。

[神奈川県]、[横浜市中区]

みたいな感じです。

⑫主たる営業所の所在地

・市区町村名は⑪で書いてますので、続きを記載します。

○○町○-○と記入します。

[日][本][大][通][1][-][2][3]

みたいな感じです。

⑬郵便番号

・普通に書いて下さい。

⑭電話番号

・[-]を入れて記入してください。

⑮ファックス番号

・ファックス番号がない場合は「なし」と記入します。

⑯資本金額又は出資金額

・右詰めで記入します。

資本金500万円の場合

[ ][ ][ ],[ ][ ][5],[0][0][0]

と記入します。単位が「千円」ですので、これで500万円になります。

⑰法人または個人の別

・数字を記入します。

1…法人の場合
2…個人の場合

⑱兼業の有無

・兼業がある場合のみ記入します。

1…兼業がある場合
2…兼業がない場合

・兼業がある場合、右側の「建設業以外に行っている営業の種類」に記入します。

許認可等を必要とするものについては、その登録番号も記入します。

⑲許可換えの区分、旧許可番号

・許可換え新規の場合のみ記入します。

⑳連絡先

・申請書を作成した人、申請の内容に関する質問に答えられる人を記入します。

以上です。

建設業許可申請書と照らし合わせながら、作成してみて下さい。

  • お問い合わせはこちら
Top