500万円以下の工事しか行っておりませんが、元請から建設業許可取得を求められました。許可の取得は必要でしょうか?

500万円以下の工事しか行っておりませんが、元請から建設業許可取得を求められました。許可の取得は必要でしょうか?

Q.現在は500万円以下の軽微な工事しか行っておりませんが、元請の業者から建設業許可の取得を求められました。やはり建設業許可を取得した方が良いのでしょうか?

A.建設業許可が不要な軽微な工事のみを行う場合には建設業許可は必要ありません。

 

建設業許可の不要な軽微な工事とは

ちなみに建設業許可の不要な軽微な工事とは以下のものを言います。

1.建築一式工事

次のいずれかに該当する場合

・一件の請負金額が1,500万円未満の工事

・請負代金にかかわらず、木造住宅で延べ面積が150㎡未満の工事(消費税込)

2.建築一式工事以外の工事

一件の請負代金が500万円未満の工事(消費税込)

今回の相談者様の場合、建設業許可の不要な軽微な工事しか行っていないので、建設業許可の取得は必要ありません。

ただし、元請業者からの要請であれば、建設業許可の取得を考えても良いのではないかと思います。

何故なら、建設業許可を取得するメリットは確実にあるからです。

 

建設業許可取得のメリット

建設業許可を取得する主なメリットは以下のとおりです。

1.金額の大きな工事も請け負えるようになる。

2.建設業者としての社会的な信用を高める事ができる。

3.経営事項人差を受け、公共工事の入札に参加する事ができる。

この様なメリットから、社会的な信用を高め、銀行からの融資を受けやすくなったり、売上アップに繋がるようなより大きな工事を請け負えるようになります。

 

建設業許可取得のデメリット

デメリットも記載しておきます。

1.建設業許可の取得が面倒だし、お金がかかる。

2.毎年決算変更届を出さなければならない。

3.5年に一度許可の更新をしなければならない。

 

結局は質問者様しだいですが・・・

これらのメリットとデメリットを天秤にかけた上で、質問者様が建設業許可を取得した方が良いと思うのであれば、許可を取得すべきだと思います。

  • お問い合わせはこちら
Top