専任技術者とは

専任技術者とは

一般建設業許可の専任技術者

①許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し、

高校の所定学科を卒業後5年以上

又は、

大学の所定学科を卒業後3年以上

実務経験を有する者

②許可を受けようとする建設業に係る建設工事に関し10年以上の実務の経験を有する者

要件の説明

①営業所ごとに許可を受ける建設業種の専任技術者を常勤させなければなりません。

なお、

要件を満たせば、同一営業所において二つ以上の業種について一人で専任技術者となることができます。

②専任技術者は申請会社で常勤することが必要です。他社で常勤することはできません。

・申請会社以外の他社の代表取締役(一人取締役を含む)、他で個人事業主を営んでいる者は、申請会社の専任技術者となる事はできません。

・他社の技術者及び管理建築士、宅地建物取引士等、他の法令により専任性を要するとされる者と兼ねることはできません。ただし、同一企業で、同一の営業所である場合は大丈夫です。

・他の建設業許可業者の経営業務の管理責任者、専任技術者、支店長、営業所長等、国家資格者等・管理技術者と兼ねることはできません。

・専任技術者は、主たる営業所に常勤できる距離に居住していることが必要です。

③実務の経験とは、許可を受けようとする建設工事に関する技術上の経験であり、具体的には、建設工事の施工を指揮、監督した経験及び実際に建設工事の施工に携わった経験をいい、建設工事の発注に当たって設計技術者として設計に従事し、又は現場監督技術者として監督に従事した経験も含みます。工事現場の単なる雑務や事務の仕事に関する経験は含まれません。

④指揮監督的な実務の経験とは、建設工事の設計又は施工の全般について、工事現場主任者又は工事現場監督者のような立場で工事の技術面を総合的に指導監督した経験をいいます。

※経営業務の管理責任者と専任技術者の双方の基準を満たしている者は、同一営業所内において、両者を一人で兼ねることができます。

  • お問い合わせはこちら
Top