事務所紹介

事務所紹介

事務所紹介

事務所名 アニモ法務行政書士事務所
所在地 神奈川県大和市南林間1-8-17-5F
TEL 046-277-0036
営業時間 9:00〜18:00
電話受付時間 9:00〜18:00

代表:大西裕幸のプロフィールです。

1978年8月8日生まれ。

生まれた場所は、母親の実家のある千葉県の九十九里海岸の近くにある病院ですが、生まれてすぐに座間市ひばりが丘の団地に引っ越しましたので、出身は「座間市」だと公言しています。

座間市ひばりが丘小学校出身

座間市立東中学校出身

神奈川県立大和西高等学校出身

1.学生時代から20代前半まで

中学3年生の時に、当時人気絶頂だった「辰吉丈一郎」にあこがれ、ボクシングを始めました。あの頃みんなそうでしたね(^^)。

まだ、思春期の段階で部活ではなく、ボクシングジムの門をたたいて、ボクシングなどを始めたわけですから、自分でも相当エネルギーが余っていたんだなと思いますね。

もっと強くなりたい一心でジムに通い、学校そっちのけでした。

おかげで成績は急降下!

あっという間に学年でビリから2番目となりました(ちなみにビリの生徒は不登校の生徒でしたが…)。

あの当時、学校の成績が悪いのは気にしませんでしたが、出席日数が足りないのは少し困りました。このままの出席日数だと留年になると教えて頂き、とりあえず留年にならない程度に、学校にだけは行くようにしました。

高校を卒業して、しばらくボクシングに専念していたわけですが…。全く芽が出ませんでした!!

いや~。本当に化け物ぞろいの業界ですよ!全然ダメでしたね。

その事に気づくのに21歳までかかりました。諦め悪いですね(^^;)

21でボクシングを諦めた後は、特にやりたいこともなくブラブラしていました。

2.溶接工としてのスタート

さて、仕事の件ですが、ようやく工場内の設備担当として「溶接工」となりました。

20代の半ばとなっていましたので、とりあえず仕事をしなければという思いもあって、近くの町工場に就職したのが、私の社会人人生のスタートとなりました。

しかしこの町工場の労働環境が凄まじく、夏場は余裕で40℃超え、冬場は激寒の状況でした(皆さん分かりますよね)。

ただし、仕事は面白かったですね!人数が少なかったので、溶接のみならず、電気の配線なども勉強させて頂き、簡単なものであれば、自作できるようになりました。

また、溶接に関しては、もっときれいに、もっとうまくできるようになりたいとの気持ちになり、休日にも練習の為に、会社に行くような状況でした。何事もハマるタイプですね。

このころ右手の人差し指の先っぽをちょん切りました(^^;)

油断しましたね。スプロケットに綿が挟まって、ぐるぐる回っていたんです。10メートル程度歩いて工具箱からラジペンを取ってくれば良かったのですが、面倒で手を出したんです。そのまま挟まれましたね(^^;)

まぁ、ケガなんてこんなもんですよね。皆さんも気を付けましょうね^^

指先をちょん切ったことなんて、支障もないので大したことはなかったのですが、問題は腰痛でした。

腰が痛くて、だましだまし仕事をしていました。これも皆様と同じです。職業病ですね。

さて、勉強の話ですが、このころ「宅建」に合格したのです。

溶接工をやりながらも、コツコツと一日30分だけ勉強は続けていました。やっと国家資格に合格ですね。もう29歳になっていました。

3.建設業許可申請専門の行政書士へ

29歳になって、ようやく「宅建」に合格し、相模原市の地元で長く営業している不動産会社に就職しました。

ここでの仕事は自社物件の仕入から販売までの全ての工程を管理するものでした。

その為、宅地造成などの土木工事や、建築工事など多くの「建設業」の現場を実際に生で見ることができました。

この頃の経験が今でも役に立つとは思いませんでしたね。

当時はまだ「行政書士」の資格を持っていたわけではありませんでしたが、造成工事や建築工事の分からないところは、現場の監督や大工の親方などに聞いて、勉強させて頂きました。

さて、この頃やっと「行政書士」の試験に合格したのです。やっと行政書士が出てきましたね。

そんなわけで「建設業許可専門の行政書士」となった訳です。

よく他の行政書士のホームページを見ていると、一流大学出身の行政書士がたくさんいますが、私はそんな立派な肩書もありません。

ただし、皆さんの仕事は良く分かります。どれだけ熱い(寒い)環境で仕事をしているのか、腰が痛い!体が痛い!どんどん鼻毛が伸びる(笑)。などなど

建設業許可申請に興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!

  • お問い合わせはこちら
Top